MENU

アトピー完治カウンセラーの佐藤優希が”アトピー治療で良いお医者さん”を見つけるポイントを解説していきます。

 

 

私も20年以上、色々な病院を回りましたがアトピー治療で良いお医者さんというのは、やはり自分との相性が一番大事です。

 

 

どんな細かい質問でも確実に答えてくれる
薬の使用方法は医者から説明がある
ちょっとした症状でも診てくれる

 

 

私はこの3点が一番大事かなと思います。

 

 

腕が良くても受診していてこっちの言いたい事が伝わらず、不満や不安が盛りだくさんになるような医者はやめた方がいいです。

 

 

口コミって、残念ながらあてにはならないことが多いですよ。

 

ただし、病院に通ってもアトピーが完治することは100%ありません!!!

 

私は親からの遺伝で生まれつきアトピーで、大人になれば治るって言われてたけど、成人を越え酷い状態になりました。

 

 

ステロイドを塗りすぎて肌は色素沈着だらけだし、首や鎖骨、おしりも皮膚が萎縮して薬焼けと傷跡が残っていました。

 

 

特に顔のアトピーが一番ひどく化粧もできませんでした。

 

 

首が真っ黒なので髪を結わくことも鎖骨の開いた服も脚を出せる格好もできない。

 

 

一度ステロイドをやめようとしたこともあります。

 

 

ですが思っていた以上のリバウンドで炎症がどんどん広がり、顔中赤く腫れ、ボコボコ、ムズムズ、ゴワゴワ、くじけて脱ステロイドをあきらめました。

 

 

とにかくアトピーを治す為に私はいろんな治療法を試しました。

 

 

書くとものすごい量になるので金額の高かったものだと、鍼治療、漢方、キレーション、金の糸、プラセンタ、浄水器、入院、オリゴメールなどです。

 

 

どれも緩和したように見えたけど治ることはなかったです。

 

 

そこで私は何か一つの商品、一つの治療法に頼るのではなく免疫力を上げたり、自律神経のバランスを整えるなど、身体全体を正常にする努力をしました。

 

 

すると、あれほど酷かったアトピーの症状が、みるみる改善して一日たりとも手放せなかったステロイドが3ヶ月程度で全く必要なくなりました。

 

 

無理なステロイド絶ちはしていないので以前のような激しいリバウンドなども全く無く、自然に必要なくなっていきました。

 

 

皮膚科の先生が私を絶望に突き落とした『あなたのアトピーは一生治らない』と言われた言葉は一体なんだったのか。。。

 

 

どうでしょうか?

 

 

それでもあなたはまだ病院に行ってステロイド漬けのアトピー人生を送りますか?

 

 

それとも私のように今すぐ完治させたいですか?
※もしあなたの子供がアトピーの場合はその子の将来の為にステロイドではなく、絶対に体質改善を選んであげてください

 

 

私、佐藤優希が20年以上苦しんだアトピーを治した方法はコチラをクリック

帯広市内の皮膚科一覧

鈴木皮膚科クリニック
0155-21-3700
〒080-0806
帯広市東六条南11-19-2

 

JA北海道厚生連 帯広厚生病院
0155-24-4161
〒080-0016
帯広市西六条南8-1

 

福井皮膚科医院
0155-25-4404
〒080-0016
帯広市西六条南15-20-1

 

帯広美容皮膚科クリニック
0155-20-4881
〒080-0012
帯広市西二条南11-16 エーワンビル3F

 

あんどう皮膚科
0155-36-8899
〒080-2470
帯広市西二十条南4-45-15

 

グリーン皮膚科クリニック
0155-61-1212
〒080-2473
帯広市西二十三条南2-16-41

 

はるこま皮膚科形成外科
0155-38-5678
〒080-0028
帯広市西十八条南4-16-3 緑西ビル1F

 

みなみ町皮フ科クリニック
0155-47-0880
〒080-0028
帯広市西十八条南36-2-11

 

帯広中央クリニック
0120-112-294
〒080-0014
帯広市西四条南10-34 センターシティ1

 

高木皮膚科診療所
0155-25-6733
〒080-0013
帯広市西三条南4-16

帯広市内のアレルギー科一覧

いしかわ耳鼻咽喉科クリニック
0155-24-1717
〒080-0015
帯広市西五条南24-18

 

たかはし内科・呼吸器内科クリニック
0155-20-5656
〒080-0013
帯広市西三条南4-14 三条メディカルセンタービル3F

 

たけざわ耳鼻咽喉科
0155-41-2001
〒080-2469
帯広市西十九条南3-35-4